キャッシングにおける信用情報

キャッシングやカードローンを利用すると、信用情報に傷がついてしまい、将来的に住宅ローンや自動車ローンを組みにくくなると聞いたことがある人はとても多いと思います。これが、本当の情報なのだとしたら、怖くてお金を借りることができなくなってしまいます。そこで、今回は、キャッシングを利用すると、本当に信用情報に傷がついてしまうのかをご紹介したいと思います。

そもそも信用情報とは、どのようなものなのでしょうか。信用情報は、信用取引をするときに必要となってきます。信用取引とは、現金を支払わずに商品を購入したり、お金を借りる取引のことです。信用情報を簡単に言ってしまうと、クレジットカードやローンの利用記録のことです。カードに使った金額や、どのようなことに利用したのかが記録されています。

結論から言うと、キャッシングを利用しただけでは、信用情報に傷がつくことはありません。しかし、ローンやクレジットカードの審査に影響があることも多いです。たとえば、住宅ローンの場合、キャッシング利用中というだけで、審査に不利になることがあるようです。しかし、完済していれば、影響を与えることはまずないので、完済済みなら、念のため解約するのがよいでしょう。

初めてのキャッシングの基礎知識

キャッシングを初めて利用するときに一番思うことは、キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも少なくしたいということだと思います。利息を抑えるためにはどのようにすればいいのでしょうか。まずは、金利を低くすればその分利息を少なくすることができます。しかし、方法はそれだけではありません。今回は利息を抑える方法をご紹介したいと思います。

結論から言うと、利息を抑える方法は、二つあり、低金利のローンを利用することと、繰り上げ返済です。低金利のローンを利用するというのは、ある程度イメージすることができると思いますが、繰り上げ返済とはどのようなものなのでしょうか。繰り上げ返済とは、月々の返済額よりも多く返済することです。具体的には、毎月5万円ずつ返済していく中で、圧月だけ20万円返済するというものです。ボーナスが出たり、臨時収入があった時には浪費せずに、思い切って返済に回すことができれば、利息を抑えることができます。

さらにいうと、必要以上に借りないことも大切です。必要な額は30万円なのに、40万円借りてしまうことがありますが、その余計な10万円に対しても利息が発生してしまいます。このことを忘れてはいけません。